離乳食お役立ち情報

離乳食の量はどれくらいがいいの?注意点や大事なコトなど

投稿日:2017年8月31日 更新日:

赤ちゃん4

離乳食は、赤ちゃんがミルクだけでは足りなくなってくる栄養を補い、味覚の発達や食べる楽しさを学ぶためにも大切な役割を担っています。
そんな離乳食は、一体どれくらいの量を与えれば良いのでしょうか?

今回は月齢別に離乳食の量や回数の目安を紹介していきたいと思います。

【月齢別】離乳食の量や回数の目安

5.6か月頃(赤ちゃんが食べ物を飲み込む練習をする時期)

  • 1日に1食で、はじめて食べるものは1日1さじ(小さじ1つの分量)から始めましょう。
  • 離乳食をはじめて1.2日目は1さじ、3.4日目は2さじ、5.6日目は3さじ…と進めていきます。
  • 7~10日経過したら、柔らかく茹で、すりつぶした人参やかぼちゃなどの野菜を1さじずつ始めるのも良いでしょう。

7.8か月頃(舌でつぶせる固さのものを食べる練習をする時期)

  • 1日2回与えて、食事のバランスがとれるようにします。
  • 2回の食事は、どちらとも同じくらいの量であるようにしましょう。
  • ごはんは7倍~5倍粥(お米1:お水7~5)で、50~80g、野菜や果物であれば20~30gの量が目安です。

9~11か月頃(歯ぐきでつぶせる固さのものを食べる練習をする時期)

  • 前歯がだんたん増えてくるので、柔らかすぎず固すぎないもの(バナナくらいの固さが良い)を与えましょう。
  • 1日に3食で、鉄分などの栄養も考えた献立をたてましょう。
  • ごはんは5倍粥90g~軟飯(軟らかく炊いたご飯のこと)80g、野菜や果物であれば30~40gの量が目安です。

12~18か月頃(歯ぐきで噛める固さのものを食べる練習をする時期)

  • 奥歯も生えてくるので、肉団子くらいの固さのものにチャレンジしましょう。
  • 1日3食で、1食分の量は軟飯90g~ご飯80gで、野菜や果物であれば40~50gが目安です。
  • 食欲が旺盛な赤ちゃんには次の食事の妨げにならないよう、量と時間に気をつけておやつを与えるのも良いです。

 

赤ちゃん10

離乳食は今までミルクしか口にしていなかった胃に、突然ご飯が入ってくると胃がびっくりしてしまうので、本当に少量から始めることが大事です。

また、量や進め方はあくまでも目安なので、無理にあげずに赤ちゃんのペースに合わせるようにしましょう。

 

離乳色おすすめレシピはこちら

-離乳食お役立ち情報

関連記事

キッチン

離乳食を作る際のコツとあると便利なもの

赤ちゃんが「食べる」練習をしたり、栄養をとる上でも大切な役割がある離乳食。しかし、煮込むのに時間がかかり、面倒だと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか? 離 …

赤ちゃん8

離乳食を食べない…原因と対処法は?

離乳食を赤ちゃんが食べてくれない…と悩む方は多いのではないでしょうか? せっかく作ったものなのに、食べてもらえないとがっかりしてしまいますよね。 そこで今回は、 …

free_dashitorikata

味付けに困らないために。離乳食の決め手 お出汁の取り方

赤ちゃんの舌は味を感じる力が大人の2倍近くあるとも言われています。 また「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」などは離乳食期から 幼児期にかけて味覚が形成され …

rinyudashi

離乳食におすすめ無添加出汁パックの紹介

赤ちゃんの将来の好き嫌いを左右すると言われるほど大事な離乳食期。 特にママが苦労するのは離乳食の味付けですよね。 「なかなか食べてくれない」「この味付けで良いの …

赤ちゃん1

離乳食の進め方のポイント

生まれてからしばらく母乳(ミルク)を飲む赤ちゃんが、固さのある食べ物に少しずつ慣れ、食べられるようになるまでの移行期間を「離乳期」と言い、その期間に食べる物のこ …