離乳食お役立ち情報

離乳食を作る際のコツとあると便利なもの

投稿日:2017年8月31日 更新日:

キッチン

赤ちゃんが「食べる」練習をしたり、栄養をとる上でも大切な役割がある離乳食。しかし、煮込むのに時間がかかり、面倒だと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

離乳食を作る際のコツおすすめアイテムを紹介します。

離乳食を作る際のコツとアイテム

電子レンジを活用!

電子レンジを使うことによって、調理時間を大幅に短縮することができます。

野菜の下茹では、きっちりとラップに包んで行いましょう。

煮物や汁物など、水分の多いものはラップをふんわり張りましょう。

(ポイント!野菜は細かく切り、加熱の途中で混ぜると熱のムラがなくなります)

大人のメニューと一緒に作って時短!

離乳食と大人が食べるメニューを分けると、調理に時間がかかってしまいます。

そこで、離乳食を大人のメニューと一緒に作りましょう。

普段の食事を作る際、味付けをする前に赤ちゃんの分を取り分けて、味付けは薄味、もしくは味付けをせずに細かくすり潰せば完成です!

あると便利なアイテム

  • 冷凍保存用の製氷機(蓋つき)…小分けにされているので、一度にたくさん作って冷凍保存するのに便利です。
  • おろし金、すり鉢…赤ちゃんが食べやすい大きさにします。すり鉢はお皿の代わりになり、その場で擦り潰せるので便利です。
  • おかゆ調理器…大人がご飯を炊くときに、一緒に赤ちゃん用におかゆが作れて便利です。
  • 裏ごし器…赤ちゃんが食べやすいよう、食材をなめらかな状態にするのに便利です。

 


 

キッチン3

離乳食を作る時間を短縮することによって、赤ちゃんと過ごす時間も増えるのではないでしょうか?コツをおさえて、離乳食を上手に作りましょう⭐︎

-離乳食お役立ち情報

関連記事

赤ちゃん1

離乳食の進め方のポイント

生まれてからしばらく母乳(ミルク)を飲む赤ちゃんが、固さのある食べ物に少しずつ慣れ、食べられるようになるまでの移行期間を「離乳期」と言い、その期間に食べる物のこ …

-2017-05-31-12.28.07-300x269-300x269

離乳食はいつから?サインをおさえましょう

離乳食は、生後5~6か月からが良いと推奨されています。 しかし、5~6か月というと、幅が広すぎていつ始めれば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか? …

赤ちゃん8

離乳食を食べない…原因と対処法は?

離乳食を赤ちゃんが食べてくれない…と悩む方は多いのではないでしょうか? せっかく作ったものなのに、食べてもらえないとがっかりしてしまいますよね。 そこで今回は、 …

free_dashitorikata

味付けに困らないために。離乳食の決め手 お出汁の取り方

赤ちゃんの舌は味を感じる力が大人の2倍近くあるとも言われています。 また「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「旨味」などは離乳食期から 幼児期にかけて味覚が形成され …

赤ちゃん4

離乳食の量はどれくらいがいいの?注意点や大事なコトなど

離乳食は、赤ちゃんがミルクだけでは足りなくなってくる栄養を補い、味覚の発達や食べる楽しさを学ぶためにも大切な役割を担っています。 そんな離乳食は、一体どれくらい …